アニメ映画

天気の子【映画】のテーマソングと歌の女性歌手は誰?登場人物も!

2019年7月19日(金)から公開中の映画「天気の子」。

映画「天気の子」は、最終興行収入が日本歴代2位を記録した2016年の映画「君の名は」の監督・新海誠さんの3年ぶりの作品です。

天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択する、美しく切ない恋の物語です。

今回は、映画「天気の子」のテーマソングをはじめ、登場人物やストーリーを見ていきましょう。

スポンサーリンク

天気の子【映画】のテーマソングは?

新海誠監督と言えば、綺麗な映像と音楽の融合を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

今回の映画「天気の子」でも、3年前の前作「君の名は」で劇中全ての音楽を担当した「RADWIMPS」が、再び音楽を担当することになりました。

新海誠監督は「RADWIMPS」の昔からのファンらしいので納得ですね^^

気になるテーマソングは「RADWIMPS」の歌う「愛にできることはまだあるかい」に決まりました。

上の予告で少し聞けるのでぜひ聞いてみてください。

今回も、映像に曲を合わせるのではなく、曲を先に作って映像を合わせる手法を使って、躍動感溢れる綺麗な描写に仕上がっているのではないかと思っています。

そして、映画「天気の子」では、新たなチャレンジとして、もうひとつのテーマソングに女性ボーカル・三浦透子さんを起用しているそうです。

そのタイトルは「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」です。

RADWIMPS」の楽曲と三浦透子さんの神秘的な歌声がマッチして、とても感動的な曲に仕上がっています。

このテーマソング以外にも、複数の楽曲に三浦透子さんが参加しているそうですよ。

ちなみに、2019年7月19日に発売される「RADWIMPS」のニューアルバム「天気の子」では、ボーカル楽曲5曲と、27曲の劇中曲が収録されているそうです。

RADWIMPS」と三浦透子さんの歌うテーマソングや楽曲と、新海誠監督の綺麗で美しい絵が融合した映像を早く映画館で楽しみたいですね^^

天気の子【映画】の歌の女性歌手は誰?

映画「天気の子」は、「RADWIMPS」が前作「君の名は」に引き続き音楽を提供していますが、今作では新たな取り組みとして、テーマソングの一つに女性歌手の三浦透子さんが起用されています

三浦透子さんとはどういった人物なのでしょうか?

三浦 透子みうら とうこ

生年月日:1996年10月20日

身長:157cm

血液型:B型

出身地:北海道

所属事務所:ユマニテ

2002年の6歳の時に、2代目なっちゃんとして、サントリーのオレンジジュース「なっちゃん」のCMに出演し話題になりました。

そして、同年10月に、テレビドラマ「天才柳沢教授の生活」に出演。

その後も数々のドラマに出演し、2012年には映画「悪の教典」で映画初出演を果たしています。

2017年には、90年代のJ-POPをカバーしたアルバムでCDデビューを果たしています。

三浦透子の主な出演ドラマ

2002年「天才柳沢教授の生活」:山口華子 役

2007年「チョコミミ」:桃山ムム 役

2011年「鈴木先生」:樺山あきら 役

2016年「時をかける少女」:えりちん・木下 役

2017年「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」: 西沢二葉 役

三浦透子の主な出演映画

2012年「悪の教典」:横田沙織 役

2013年「男子高校生の日常」:生島 役

2016年「鬼談百景」-密閉-:主演・Kさん 役

2017年「月子」:主演・月子 役

2019年「あの日のオルガン」: 山岡正子 役

三浦透子さんの起用について、「天気の子」の音楽担当「RADWIMPS」の野田洋次郎さんは、

今回『天気の子』の音楽に携わらせて頂くことが決まった時、いくつか僕からも提案をさせて頂きました。

その最初が「僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい」というものでした。

理由は前作とは異なる世界観にしたかったということと、女性ならではの、より大きな存在感でこの作品を包み込んでほしいと思ったからでした。

そして1年ほどに及ぶオーディションをさせて頂くことになりました。

三浦さんの声は発せられた瞬間に、どんな天気をも晴れにしてしまうような圧倒的で不思議な力を持っていました。

まだ何にも染まっていない荒削りながらもまっすぐなあの歌声で今回『天気の子』の楽曲を歌ってもらえたことは、この映画にとって幸福なことだったと思います。

この作品以降も彼女がどんな歌を歌っていくのか、とても楽しみです。

引用:音楽ナタリー

とコメントしています。

また、新海誠監督は、

役者の歌声というよりも、世界そのものの響きのような声。

個人の感情をすこしだけ越えたような何かを、まっすぐに運んできてくれる声。三浦透子さんの声には、そんな印象を持ちました。

「透子さんの歌声が輝く瞬間を、この映画が輝く瞬間になるようにしよう。」

RADWIMPS とそう話しながら映画を組み立てていきました。

皆さんに、映画館でその瞬間を確かめていただけたら嬉しいです。

引用:音楽ナタリー

とコメント。

音楽は何曲か歌っているものの、元々歌手だったわけでもない三浦透子さんが、オーディションを勝ち抜いて抜擢されるのはとても凄いことですね^^

映画「天気の子」の中で最も盛り上がる部分で三浦透子さんの歌声が流れるそうですよ。

新海誠監督や、「RADWIMPS」の野田洋次郎さんに絶賛されるほどの歌声を、ぜひ劇場スクリーンで聞いてみてください^^

スポンサーリンク



天気の子【映画】の登場人物は?

森嶋 帆高(もりしま ほだか)声優:醍醐 虎汰朗

離島から家出したきた高校生。

東京の小さな編集プロダクションに住み込みで働くことに…。

天野 陽菜(あまの ひな)声優:森 七菜

“祈る”ことで空を晴れにできる…不思議な力を持つ女の子。

須賀 圭介  声優:小栗 旬

小さな編集プロダクションを営むライター

夏美 声優:本田 翼

須賀圭介の事務所で働く女子大生

冨美 声優:倍賞 千恵子

帆高と陽菜にある頼みごとをする下町の老婦人

天野 凪 声優:吉柳 咲良

天野 陽菜の弟。

安井 声優:平泉 成

都内で起きたある事件を追う老刑事

高井 声優:梶 裕貴

安井の相棒の刑事

新海誠監督は、小栗旬さんなどの俳優を声優に選んだ理由として、下のようにコメントしています。

人間がどうしても取り繕えないものが、声だと思います。

喋る内容はもちろん、声質、息づかい、言い淀み、語尾、すべてにその人そのものが避けようもなく滲み出てしまう。

須賀役を小栗さんに、夏美役を翼さんにお願いしたのは、だからです。

彼らの声がキャラクターにはっきりとした血肉と心を与えてくれているアフレコの過程を、わくわくしながら楽しんでいます。

『天気の子』はRADWIMPSの音楽、透子さんの歌声、醍醐くんや七菜ちゃん、小栗さんや翼さんたちの声、そして雨音、さまざまな音に満ちた映画です。

劇場でその音に身を浸していただけるように、スタッフ全員で今も制作に奮闘しています。楽しみにお待ちいただけますように。

引用:アニメ!アニメ!

また、ライターの須賀圭介役を務める小栗旬さんは、

『天気の子』に参加できること、とても光栄です。

新海監督の作品は、美しい色彩の世界観はもちろん、普段僕たちが見ているような風景や、手にするようなアイテムが作品を彩っていて、そこに生きる人間たちの物語が、自分に近いものに感じられるのが凄いところ。

前作の『君の名は。』も大好きで、映画館で号泣しました(笑)。

今回の『天気の子』はすごくストレートな話で、そこが魅力だと思います。

“須賀圭介”という役は、そのままで演じられるような、僕の等身大にとても近いキャラクターで、彼には共感できる部分がいっぱいあるので、この出会いはとても嬉しいです。

『天気の子』、期待を裏切らない素敵な作品なので、ぜひ楽しみにしていて欲しいです。

引用:アニメ!アニメ!

とコメントしています。

豪華な声優陣の声と新海誠監督の綺麗で色彩豊かな映像が、どんな風に重なって、どんな風に曲と融合するのか、とても楽しみですね^^

天気の子【映画】のストーリーは?

映画「天気の子」のストーリーを見てみましょう。

高1の夏。

離島から家出し、東京にやってきた帆高。

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。

彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。

それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

引用:TOHOシネマズ公式サイト

一番気になるのが、ヒロイン・陽菜の”ある事情”を抱えているという点。

映画「天気の子」は、主人公・帆高とヒロイン・陽菜の二人の恋の物語だそうですが、公式サイトには、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語とも書かれています。

ヒロイン・陽菜は、祈ることで空を晴れにすることができる力を持っていますが、その力を巡って事件が起きていくのだと思います。

その天気を変える力には、想いの力が関係していて、それは、愛だったり、相手を思う気持ちだったりと、晴れて欲しい気持ちが力になるのではないかと考察しています。

それが、ヒロイン・陽菜の”ある事情”とも関係しているのではないかと思っています。

果たして、どんな新海誠ワールドを見せてもらえるのか、とても楽しみですね^^

個人的には、新海誠監督の描く、雨の描写が昔から好きなので、その描写が沢山観れるのが嬉しいです。

公開前日に「天気の子」の小説が発売されるそうですよ^^

スポンサーリンク

まとめ

映画「天気の子」のテーマソングは、「RADWIMPS」の歌う「愛にできることはまだあるかい」と、「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」に決まりました。

声入りの曲があと3曲あるので、ぜひ聞いてみてください^^

登場人物は、主人公・森嶋 帆高の声優に醍醐 虎汰朗さん、ヒロイン・天野 陽菜の声優に森 七菜さんを起用しています。

その他にも、小栗 旬さんを始め、本田 翼さん、倍賞 千恵子さんなど、豪華なキャストを迎えています。

新海誠監督の綺麗で色彩豊かな映像と音楽の融合は、劇場の音響と大きなスクリーンで観ると感動も倍増すると思うので、ぜひ劇場でご覧ください^^

映画「天気の子」は、2019年7月19日(金)から公開です。

スポンサーリンク