ディズニー

マレフィセント2【映画】評判や評価は?MIYAVIの出演にも注目!

2019年10月18日(金)公開中の映画「マレフィセント2」。

この映画は、ディズニーの名作アニメ映画「眠れる森の美女」(1959年)をリメイクした2014年公開の実写映画「マレフィセント」の続編です。

永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫が、フィリップ王子のプロポーズを受け入れた時、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が動き出す…というストーリーとなっています。

今回は、映画「マレフィセント2」の評判や評価を見ていきましょう。

2019年10月19日(土)に評判を追記しました!

スポンサーリンク

マレフィセント2【映画】の評判は?

映画「マレフィセント2」の世間の評判を調べて抜粋してみました。

男性の口コミ
男性の口コミ
思ってたのと違って、全く予想外で面白かった!
女性の口コミ
女性の口コミ
変わらないアンジーとファニングの美しさが良かった。不思議言葉を話す妖精も可愛すぎた。
男性の口コミ
男性の口コミ
MIYAVIさんかっこよかったです。家族とは何か、究極の愛に感動しました。アンジーがほんと美しい。
女性の口コミ
女性の口コミ
前作を遥かにしのぐスケールの派内で、泣けた。
男性の口コミ
男性の口コミ
前作よりもスケールが大きくて面白かった。
女性の口コミ
女性の口コミ
続編だし、大したことないかなと思ったけど、めちゃくちゃ面白かった。みんなが納得できる展開になっていて良かったです。
男性の口コミ
男性の口コミ
ディズニーの実写化作品で最高の出来だと思った。
女性の口コミ
女性の口コミ
他の続編と違って、ちゃんと意味あるテーマを持った作品だった。普通に面白かった。
男性の口コミ
男性の口コミ
オチの詰めの甘さが気になったけど、それでも面白かった。
女性の口コミ
女性の口コミ
規模も大きくなって面白かった。実写版では間違いなく最高の出来でした。
女性の口コミ
女性の口コミ
マレフィセント目線で飛ぶシーンに酔ったけど、面白かった。家族で見るべき作品。
男性の口コミ
男性の口コミ
マレフィセントの愛が大きくて感動しました。なんだかんだでハッピーエンドで良かった。
女性の口コミ
女性の口コミ
髪を解いたマレフィセントが見れたし、とにかくディズニー作品ってかんじだった。無難に終わった感じだったけど、面白かった。闘いがメインでした。

といった意見がありました。

映画「マレフィセント2」の評価は、ストーリーに関しては男性も女性も高評価で、前作よりもスケールアップしてて良かったという声が目立ちました。

続編ということもあり、期待していなかった分、評価が高かったようです^^

また、年齢層で見ると10代〜50代まで高評価の傾向にあり、低評価が見られませんでした。

出演者の演技に関しても、ほぼ全員高評価で、アンジェリーナ・ジョリーもエル・ファニングも演技が良かったという声をはじめ、悪役のミシェル・ファイファーもムカつく演技が良かったという声がありました。

個人的には、映画「マレフィセント」が良いアレンジで好きだったので、今回の2作目も期待しています。

気になる方はぜひ映画「マレフィセント2をご覧ください^^

スポンサーリンク



マレフィセント2【映画】の評価は?

映画「マレフィセント2」は、ディズニーの名作アニメ映画「眠れる森の美女」(1959年)をリメイクした2014年公開の実写映画「マレフィセント」の続編で、ディズニー史上最恐とも謳われる美しきヴィラン:マレフィセントの“究極の愛”を描くファンタジー・アドベンチャーです。

前作で、心優しい妖精のマレフィセントが、ステファンに騙されて人間不信になるものの、オーロラ姫との間に真実の愛を見出し、永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫が、マレフィセントとカラスのディアヴァルフィリップ王子が見守る中、王国と妖精の国の2つの国の女王となるというラストを迎えました。

今作では、その後、オーロラ姫フィリップ王子の結婚式が描かれます。

気になるストーリーは、妖精と人間の間に和平をもたらして、世界を幸福に導くはずだったオーロラ姫フィリップ王子の結婚式には、真実の愛によって母と娘のように結ばれたマレフィセントオーロラ姫の絆を引き裂いて、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が隠されていた…という内容です。

結婚式の日、迫り来る危機から愛するオーロラ姫を救うために、マレフィセントが背負った驚くべき運命とは!

ということで、2作目でも深い愛情に満ちたマレフィセントの姿が見れそうです^^

監督を務めるのは、パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のヨアヒム・ローニングです。

そして、主人公:マレフィセントを、前作から引き続きアンジェリーナ・ジョリーが演じ、製作総指揮も務めています

アンジェリーナ・ジョリーは、続編を作った理由について、

とにかく彼女(マレフィセント)が恋しかった。

マレフィセントとオーロラは前作で心をつなぐことができました。

彼女らは家族で、お互いを愛しています。

今作でオーロラは成長し、ある危機に直面します。

そして2人は離れ離れになることを強いられます。

今作は、家族とは何かを語るもの。

それは必ずしも血のつながりだけではないのです。

引用:映画ナタリー

と語っています。

また、マレフィセントの魅力について、

私たちは時に、自分の居場所がないように感じることがある。

そして“人と違う”ことに悩みを抱える。

マレフィセントは、その個性こそが大切であると教え、居心地のよさを感じさせてくれる存在なのではないかしら。

引用:映画ナタリー

と話しています。

またアンジェリーナ・ジョリー演じる美しいマレフィセントが見れるということで、とても楽しみですね^^

そして、エル・ファニングが前作から引き続きオーロラ姫を演じます。

エル・ファニングは、オーロラ姫の役について、

1作目を撮影したとき私は14歳、公開時は16歳でした。

今私は21歳。

まるでオーロラと同じように、人生の特別な時を振り返って見つめ直しているような気がします。

引用:映画ナタリー

と、オーロラ姫の役について思いを口にしました。

また、オーロラ姫のキャラクターについて、

平和と愛の象徴のようなプリンセス。

とても美しい優しさで、さまざまなことを受け入れる愛情を持っている。

今私たちが住んでいる世界において大切な本当の強さを持っているのよ。

引用:映画ナタリー

と語っています。

1959年の原作アニメ映画「眠れる森の美女」では、18分しか登場しなかったオーロラ姫ですが、エル・ファニングが演じたことで、とても魅力的な女性キャラクターへと変わりました。

そして、誕生会に呼ばれなかったことに腹を立て、16年間怒り続けて普通に怖かっただけのマレフィセントも、アンジェリーナ・ジョリー演じたことで、愛に満ち溢れて妖艶で美しい魅力のあるキャラクターに変わりました。

映画「マレフィセント2」でも、今まで見たこと無かった新たな魅力のマレフィセントオーロラ姫が楽しめると思います^^

また、アンジェリーナ・ジョリーエル・ファニングは、作品内と同じように、とても素敵な関係を築いているようです。

エル・ファニングは、アンジェリーナ・ジョリーとの再共演について、

前作のときは14歳で、今では21歳になったの。

長い時間が経って私は大きく成長したし、新しい経験もしたわ。

アンジェリーナとの関係も変化して、前には話せなかったことも今は話せるようになった。

一緒にワインも飲めるのよ。

彼女は本当に憧れの女性。

引用:映画ナタリー

と、仲の良さと憧れを語っています。

それに対して、アンジェリーナ・ジョリーは、

私たちはクレイジーな大家族なの。

センチメンタルな気持ちになって、サムと2人で泣いてしまったわ。

それに、役柄のせいかもしれないけど、エルを本当に愛しているの。

特別な家族のような関係よ。

引用:映画ナタリー

と、映画「マレフィセント」の共演者が特別な関係であることを語っています。

作品の中だけに留まらないアンジェリーナ・ジョリーエル・ファニング、そしてカラスのディアヴァルを演じるサム・ライリーの絆に注目ですよ^^

そして、ハリス・ディキンソン演じるフィリップ王子や、フィリップ王子の母:イングリス王妃を演じるミシェル・ファイファーの冷酷な演技も要チェックです。

また、日本のロックミュージシャンでもある俳優のMIYAVIが、マレフィセントと同じ種族の妖精ウドを演じています

ちなみに、吹き替え版では、オーロラ姫上戸彩さんが、ノットグラスフィリットルシスルウィットの3人の妖精の声をモノマネ芸人の福田彩乃さんが演じ、さらに、フィリップ王子の声を、声優や俳優として活躍する小野賢章さんが演じている点にも注目です。

マレフィセント役には深見梨加さん、カラスのディアヴァル役には阪口周平さんが前作からそろって続投していますよ。

マレフィセントオーロラ姫の究極の愛の物語を、ぜひ劇場で楽しんでくださいね^^

スポンサーリンク

マレフィセント2【映画】の評価や評判は?まとめ

映画「マレフィセント2」の評価は、ストーリーに関しては男性も女性も高評価で、前作よりもスケールアップしてて良かったという声が多くありました。

また、年齢層で見ると10代〜50代が高評価の傾向にありました。

続編は低評価の傾向にありますが、今作は全くと言って良いほど、低評価が無かったので、期待して良いと思います^^

ぜひ、アンジェリーナ・ジョリー演じるマレフィセントと、エル・ファニング演じるオーロラ姫の究極の愛の行方を、ぜひ大きなスクリーンでご覧ください^^

映画「マレフィセント2」は、2019年10月18日(金)から公開です。

眠れる森の美女【映画】マレフィセントの最後は?アニメと実写で性格が違う!1959年に公開されたディズニーのアニメ映画「眠れる森の美女」(原題:sleeping Beauty)は、ディズニー・アニメーションの1...
スポンサーリンク