映画

ザファブル【映画】続編はいつから公開?興行収入や2作目の内容も予測!

2019年6月21日(金)から絶賛公開中の映画「ザ・ファブル」。

この映画は、人気漫画「ザ・ファブル」の実写映画化で、岡田准一さん主演の笑えてカッコいいエンターテイメント映画です。

今回は、映画「ザ・ファブル」の興行収入や続編について、もし公開されるなら時期はいつ頃になるのか、検証していきましょう。

スポンサーリンク

ザファブル【映画】の興行収入は?

映画「ザ・ファブル」は、6月21日(金)に公開されて以来、実写版「アラジン」や映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」といった強豪映画がひしめき合う中、6月末には累計観客動員数70万人越えを果たし、興行収入9億3千万円を突破するという好成績を達成しています。

原作漫画「ザ・ファブル」がヤングマガジン連載ということもあり、30代ぐらいがターゲット層だと思われる映画ですが、原作ファンからも、初めて「ザ・ファブル」に触れた方からも絶賛の声が多く、若い男女や40代以降の方からも高評価の声が上がっています。

主人公ファブルこと佐藤明役の岡田准一さんの演技やアクションも好評で、周りも固める出演陣の演技も評判が良く、中でも真黒カンパニーの小島役の柳楽優弥さんの演技が高い評価を得ています。

2回目も見に行ったという声もあり、まだまだ興行収入は伸びると予想されます。

観客動員数:約70万人

興行収入:約9億3千万円

※ 2019年6月末時点

おそらく7月末まで公開は続くと思われるので、最低でも11億円は突破し、15億円にたどり着けば大成功なのではないでしょうか。

どこまで興行収入が伸びるか楽しみですね^^

ザファブル【映画】の評価や評判は?世間の声も合わせてチェック!2019年6月21日(金)に公開の映画「ザ・ファブル」。 この映画は、人気マンガ「ザ・ファブル」の実写映画化で、絶対に殺してはいけ...

ザファブル【映画】の続編はある?

ザファブル【映画】の続編は製作される?

配給会社は違うのですが、実写映画化されて続編も制作予定のあった映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は、興行収入が9億2000万円あったにも関わらず続編が制作されませんでした。

また、映画「BLEACH」は続編が期待されるような内容だったにも関わらず、興行収入5億4100万円だったことから続編製作の話は無くなりました。

しかし、映画「闇金ウシジマくん」は、1作目が興行収入4億円、2作目が7億円だったにも関わらずpart3まで続編が製作されています。

ちなみに、映画「ちはやふる」は、上の句:16億3000万円、下の句:12億2000万円、結び:17億3000万円という興行収入でした。

これには、制作費が深く関わっていて、豪華なキャストや大掛かりなCGなどを使えばそれだけ多くの費用がかかります

映画「闇金ウシジマくん」は、制作費が安くて収入の方が大きく上回ったため、続編が製作されたのだと思います。

色んな要因が関わってくるので一概に言えないですが、興行収入10億円突破が続編製作のボーダーラインなのかなと推測しています。

映画「ザ・ファブル」は、興行収入10億円を突破し、世間からは続編の製作を熱望している声が多数あることから、続編の話は確実にあがっていると思われます。

映画「ザ・ファブル」の終わり方も、主人公ファブルがまた平穏な日常に戻るといったラストだったため、続編を期待できるラストでした。

また、映画「ザ・ファブル」の原作は、ヤングマガジンにて好評連載中で2019年7月現在で18巻まで刊行されているのですが、映画「ザ・ファブル」では、原作の7巻までの話までしか映画化されていないため、まだまだ映画化できる面白い話がたくさんあります。

ですが、岡田准一さんを始め、福士蒼汰さんや、向井理さんなど、豪華なキャストを使用し、スタントの演出には映画「るろうに剣心」などを手掛けた富田稔さんが、アクションの演出には映画「ボーン・アイデンティティー」などを手掛けたアラン・フィグラルズが参加しており、更に主題歌にレディー・ガガを起用していることから、制作費はかなりかかったのではないかなと思っています。

以上のことから、興行収入や世間の声的には続編製作が望めますが、制作費用も考えると難しいかなと推測しています。

絶賛されている映画なので、7月後半に売り上げが伸びれば続編が製作されるのではないでしょうか^^

スポンサーリンク



ザファブル【映画】の続編はいつ頃?

もし映画「ザ・ファブル」の続編があるとすれば、いつ頃公開されるのか検証してみましょう。

映画「ザ・ファブル」は松竹が配給している映画ですが、同じく漫画の実写化で続編を製作した映画に「京喰種-トーキョーグール-」があります。

映画「京喰種-トーキョーグール-」は、2017年7月29日に公開され、約11億円の興行収入でした。

そして、2作目の制作発表が2018年9月22日と約1年後に行われ、2019年7月19日に映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」が公開予定です。

このことから推測すると、映画「ザ・ファブル」は2019年7月26日公開なので、続編の製作発表は、早くても2020年7月で、公開は早くて2021年5月頃になるのではないかと思われます。

ですが、人気を維持したまま続編を作るという手法もあるため、すぐに続編製作決定となるかもしれませんよ^^

続編の情報が出たら追記しますね。

ザファブル【映画】続編の内容は?

映画「ザ・ファブル」では、原作の7巻までが描かれました。

そのことから、続編では8巻以降が描かれ、9巻から始まる「宇津帆(ウツボ)編」が映画化されるのではないかと推測しています。

8巻で描かれる山籠りサバイバルをオープニングで描き、9巻からの「宇津帆(ウツボ)編」を本編で描写し、14巻からの山岡をエンディングで出して終わるというのが更に3作目「山岡編」にも繋がって一番良い流れなのかなと思います。

メインの敵になるのは、興信所の経営者であり殺し屋の宇津帆(ウツボ)という男で、世間知らずな若者をターゲットにしてお金を巻き上げ、最後には息の根を止めてしまうという残虐な人物です。

映画「ザ・ファブル」でも登場したデザイン企画有限会社オクトパスの社員で清水ミサキのストーカーでもある貝沼エツジが、宇津帆に追い詰められたことで、清水ミサキへの執着を膨らませていくが…というストーリーです。

シリアスなストーリーの合間に、シュールな笑いや日常回が挟まれており、「宇津帆(ウツボ)編」もとても面白いですよ。

ぜひ映画の続編の前に、漫画の「ザ・ファブル」も読んでみてくださいね^^

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「ザ・ファブル」は、2019年6月末には累計観客動員数70万人越えを果たし、興行収入9億3千万円を突破するという好成績を納めています。

続編を待望する声も多く、原作も映画化できる内容がまだまだたくさんあるため、制作費を加味すると難しいところはあるものの2作目も製作されるのではないかと考えられます。

映画「ザ・ファブル」の続編の製作発表は早くても2020年7月で、公開は早くて2021年5月頃になるのではないかと推測しています。

それまでに、映画「ザ・ファブル」を余すことなく楽しんでくださいね^^

映画「ザ・ファブル」は、2019年6月21日(金)から絶賛公開中です。

江口カン監督の本名や結婚の噂は?ガチ星など映画やCM作品もチェック!2019年6月21日(金)に公開の映画「ザ・ファブル」。 この映画は、人気マンガ「ザ・ファブル」の実写映画化で、岡田准一さん主演の...
スポンサーリンク