アニメ映画

きみと波にのれたら【映画】結末ネタバレ!声優やあらすじも紹介!

2019年6月21日(金)に公開の映画「きみと、波にのれたら」。

この映画は「夜明けを告げるルーのうた」や「夜は短し歩けよ乙女」を手掛けた湯浅政明監督のオリジナル作品です。

映画「きみと、波にのれたら」は、どんな物語なのか、あらすじや登場人物をはじめ、結末のネタバレも予想していきます。

2019年6月21日(金):予想では無く、本当の結末ネタバレを追記しました!

スポンサーリンク

きみと波にのれたら【映画】のあらすじ

大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。

サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。

ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港(みなと)と出会い、二人は恋に落ちる。

お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は海の事故で命を落としてしまう。

大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子が、ある日ふと二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。

「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」再び会えたことを喜ぶひな子だが…。

二人はずっと一緒にいることができるのだろうか?

港が再び姿を見せた本当の目的とは?

引用:映画公式サイト

映画「きみと、波にのれたら」は、海辺の街を舞台にした、サーファーの大学生の向水ひな子と消防士の雛罌粟港との、運命的な恋を描くラブストーリーなのですが、ただの恋愛物語ではありません。

雛罌粟港は海の事故で亡くなってしまうのですが、向水ひな子が思い出の歌を口ずさむことによって水の中に雛罌粟港が現れるというファンタジー要素もあるストーリーとなっています。

ひな子の物語は、いったいどんな結末を迎えるのか、とても楽しみですね^^

きみと波にのれたら【映画】前売り券はいつまで?特典付きムビチケも紹介2019年6月21日(金)に公開される映画「きみと、波にのれたら」。 せっかく映画を観に行くなら、お得に見に行きたいと思いませんか...

きみと波にのれたら【映画】の声優

向水 ひな子むかいみず ひなこ

声優:川栄李奈

大学生

サーフィンが大好きで、その腕前はかなりのもの。

明るくあっけらかんとした性格だが、自分の未来については自信を持てずにいる

雛罌粟 港(ひなげし みなと)

声優:片寄涼太

職業は消防士

正義感が強く仕事でも信頼されていて、器用で何でもそつなくこなす

海の事故で命を落としてしまうが、ひな子の歌をきっかけに再び現れる

雛罌粟 洋子(ひなげし ようこ)

声優:松本穂香

雛罌粟港の妹で高校生

誰に対してもぶっきらぼうな態度を取る

兄をとても慕っている

川村 山葵(かわむら わさび)

声優:伊藤健太郎

新人消防士で雛罌粟港の後輩

人懐っこい性格

仕事では失敗ばかり繰り返し、消防士としてはまだ半人前

消防士の雛罌粟港を演じる片寄涼太さんは、ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のボーカルとして2012年にデビューし、「GTO」などのドラマにも出演していますが、今回が声優初挑戦です。

片寄涼太さんは「きみと、波にのれたら」を皮切りに、声優業でも活躍の場が増えるかもしれませんね^^

また、主人公の向水ひな子を演じる川栄李奈さんは、AKB48を卒業して以降、女優として活躍し、2016年の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画「恋のしずく」などで、演技派の若手女優として活躍しています。

そして、2018年には「劇場版ポケットモンスターみんなの物語」で女子高生の役として声優としても活躍しています。

ポケットモンスターの映画でも違和感なく役とマッチしていたので、今回の映画も安心して見ることができると思います。

川栄李奈さんの元気な声を聞くのが楽しみですね^^

スポンサーリンク



きみと波にのれたら【映画】の結末ネタバレ

映画「きみと、波にのれたら」の結末について考察してみたいと思います。

まず、この映画のストーリーをおさらいすると、

サーフィンの好きな主人公の向水ひな子が、消防士の雛罌粟港と出会い恋に落ちるが、雛罌粟港海の事故で命を落としてしまい、大好きだった海もみれなくなってしまう。

そして、向水ひな子が二人の思い出の歌を唄うと、水の中に雛罌粟港が現れる。

という流れなのですが、公式サイトでは、自信を持てずにいる全ての人へ、そっと観る人の背中を押す物語とあります。

また、湯浅政明監督が映画「きみと、波にのれたら」について下記のように語っています。

仕事や生活の中でも、「波にのる」という感覚はよくあります。

「調子良く」という意味もありますが、波はなかなかこちらの思い通りの形はしていません。

選択してその波にのってみる。合わせる。

波がこちらの行きたい所へ連れてってくれるかは、乗り終わった後でないと分かりません。

あれこれ考えても乗ってみなければ分からない。

極力波を選択し、したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思いました。

引用:映画「きみと、波にのれたら」公式サイト

 

そして、GENERATIONSの主題歌「Brand New Story」は、物語のキーとなる曲であると書いてありました。

主人公向水ひな子役の川栄李奈さんは、主題歌について、落ち込んでいる時や悲しい時に聞くと背中を押されるような勇気づけられる曲と言われていました。

雛罌粟港役の片寄涼太さんは、主題歌について、新しい生活や新しい出会い、新たな一歩を踏みす方に聴いて欲しい曲で、悩みや不安を抱えている方に少しでも寄り添える、勇気を与えられる曲と語っていました。

以上の公式サイト、監督、主題歌に対する出演者の声を参考に考察すると、

雛罌粟港再び出会えたことに喜び、亡くなったことを受け入れられない主人公の向水ひな子が、雛罌粟港と喋ったり事件に巻きこまれることをきっかけに自信を取り戻し、再び海が好きになってサーフィンができるようになるのと同時に、雛罌粟港の死を受け入れて前に進んでいくといった終わり方かなと思いました。

また、公式サイトのあらすじの中にある「二人はずっと一緒にいることができるか?港が再び姿を見せた本当の目的は?」という点ですが、雛罌粟港は、ずっと向水ひな子の心の中にいてずっと見守っている、姿を見せた本当の目的は、一緒に過ごすことではなく、前に進んで再びサーフィンをして欲しいこと、死を受け入れて前に進んで欲しいことなのではないかと思います。

ちなみに、監督の湯浅政明さんは、映画「夜は短し歩けよ乙女」でも思ったのですが、言葉遊びが好きで映画に取り入れるイメージなので、「純粋な主人公を波にのせてあげたい」という言葉にあるように、主人公向水ひな子が自信を取り戻すという意味の波にのるという流れと、本当に街の中で波にのるというシーンがあるのではないかと思います。

おそらくですが、主人公向水ひな子が波にのる(自信を取り戻す)きっかけとして、何か火事などの事件がおこり、それを食い止めるために、波にのって水を使い助けることができるが、雛罌粟港ともう会えなくなるという流れになるのではないかと予想しています。

そして、向水ひな子が波にのって再び自信を取り戻すと同時に、雛罌粟港と最後の会話をして、死を受け入れて前に進んでいくのではないかと思います。

どうだったでしょうか?

ぜひ劇場で真偽を確かめてみてくださいね^^

追記:結末のネタバレ

※結末のネタバレなので注意してください

結末までの流れ

雛罌粟港は、主人公・向水ひな子に呼ばれるたびに存在が薄くなっていて、もう一度呼ぶと永遠に消えてしまうかもしれない状況になっていました。

そんな中、火事になったビルの屋上に、向水ひな子とケガをしたの妹・洋子が取り残されてしまいます。

二度とに会えなくなってしまうことを嫌がるひな子でしたが、洋子を助けるために、覚悟を決めて歌いました。

すると、優しい笑みを浮かべたが現れ、大量の水がビルの火を消しながら上へと昇ってきます。

そして、サーフボードに洋子を乗せたひな子は、波に乗って地上に降りることに成功します。

そして、笑顔のは、ひな子の元から消えてしまいました。

時は進み、クリスマスに。

想い出の歌を口ずさむひな子でしたが、もうは現れません。

ひな子との想い出のイルミネーションを見上げていると、恋人たちのためのメッセージとして、1年前にひな子宛に送ったメッセージが流れます。

ひな子、メリークリスマス。これからのクリスマスはずっと一緒に過ごそう!ずっと、ずっと」

大好きだったの笑顔が頭に浮かんだひな子は、涙をこらえることができませんでした。

そして、季節は夏に。

ひな子は、今日もサーフボードを持って、海辺に立っていました。

ということで、主人公のひな子の死を受け入れて、再びサーフィンをするという、ほぼ予想通りの結末を迎えました。

予想通りではありましたが、言葉で書くよりも、実際に見たほうが感動すると思います。

ぜひ劇場で見てみてくださいね^^

スポンサーリンク

まとめ

映画「きみと、波にのれたら」は、ファンタジー要素もあり、心に響くメロディーにのせた感動の青春ラブストーリーです。

なにかに悩み前に進めない人や自信がなくて挑戦できない人、この映画が背中を押してくれて波にのれるかもしれませんよ^^

映画「きみと、波にのれたら」は2019年6月21日(金)公開です。

きみと波にのれたら【映画】評価と評判は?世間の声も合わせて紹介2019年6月21日(金)に公開の映画「きみと、波にのれたら」。 この映画は、「夜明け告げるルーのうた」や「夜は短し歩けよ乙女」な...
スポンサーリンク