ディズニー

スターウォーズ・EP9/スカイウォーカーの夜明け【映画】評判や評価は?

2019年12月20日(金)に公開の映画「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け」。

第1作目(エピソード4)の公開から42年、ついに完結となるエピソード9が公開されました。

レイを主人公にしたエピソード7から続く3部作の完結編でもあり、スカイウォーカーの一族が関わる映画もついにこれがラストです。

今回は、映画「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け」の評判や評価を見ていきましょう。

スポンサーリンク

スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け【映画】の評判は?

映画「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け」の世間の評判を調べて抜粋しました。

※多少のネタバレが含まれているため、注意してください。

男性の口コミ
男性の口コミ
宇宙の戦いがもっと欲しかった。ポー・ダメロンの戦闘機の活躍がもっとあっても良かった気がする。ストーリーは無理やり感はあったけど、まあ楽しめた。
女性の口コミ
女性の口コミ
キスシーンはいらなかった。でも、集大成って感じがして良かったです。1から9までずっとパルパティーンでした。レイの秘密が噂通りでびっくりしました。
男性の口コミ
男性の口コミ
7や8よりはかなり楽しめた。8は何だったんだというストーリーで、整合性を合わせるために駆け足だったのが気になった。フォースが万能すぎる。想い入れ補正がないと評価は悪いかも。
女性の口コミ
女性の口コミ
タイトルの回収や、これまでの歴史にちゃんと終止符を打って良かった。無理やりな展開だったけど致し方無し。雷のところ眩しすぎてやばい。
男性の口コミ
男性の口コミ
ファンサービスが凄かった。細かいことは気にせず見るのが良いかも。これまでのキャラクターとか出てきたし良かったです。スターウォーズ最高!
女性の口コミ
女性の口コミ
ローズ、どういう立ち位置になったんやって思った。ツッコミどころが満載で逆に楽しめた。ノリだけでするレイとレンのキスはいらんかった。
男性の口コミ
男性の口コミ
感動しました。スターウォーズ好きにはたまらなかった。42年間ありがとう。
女性の口コミ
女性の口コミ
始まりのワクワク感、ゾクゾク感がたまらない。内容は賛否ありそうだけど、7や8の展開からすると良い着地だったと思う。楽しかった。
男性の口コミ
男性の口コミ
見せ場の繋ぎ合わせで、何をしてるのかわからなくなってくる。新キャラに魅力はなく、新しさはほとんどない。1から8の要素を繋ぎ合わせただけ。
女性の口コミ
女性の口コミ
ルークのドヤ顔ですよ。亡くなった方達のドヤ顔の数々。ベンの良い顔が見れて良かった。良くまとまってた。

といった意見がありました。

映画「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け」の評価は、ストーリーに関して男性も女性も低評価が多い傾向でした。

年齢層で見ると、男性も女性も40代以降は高評価、10代から30代は低評価の傾向にありました。

都合の良い無理やりな展開に、目まぐるしい場面の切り替わり、フォースの使い方、亡き師匠の行動、レイの扱いやカイロ・レンの処遇など、酷評が多かったです。

ですが、良い評価の方はとことん高評価をつけているため、スターウォーズに対するこれまでの想い入れ次第で評価が変わる作品だなと思いました。

私の感想(中堅ぐらいのスターウォーズのファン)

※ネタバレ含むので注意してください。

最初の「死者は口が開いた!」の一文で衝撃を受けました。

無理くりな都合の良い展開や、(亡くなっていても)物を取れたり操れたりするフォースの万能感などで、評判分かれそうだなぁと思いましたが、これまでのキャラクターの登場や、今までの作品を思い起こさせるようなアクションシーンなど、ファンサービスの多い展開に興奮しました。

ポーがもっと戦闘機で戦うシーンが欲しかったとか、もっと良いライトセーバーの戦闘シーンが見たかったとか、色々ありますが、サクサク進んでとても楽しめました。

1〜9まで結局パルパティーンかぁとは思いました。

ツッコミどころはエピソード4からいっぱいあるので、ちゃんと上手くまとまった方なのではないでしょうか。

レイベンのキスシーンはいらなかったなぁとは思いました。

ラストの大団円は、R2-D2C-3POBB-8などとのレイ達の絡みや、それぞれの登場キャラクターの絡みがもっとあっても良かったのに…とは思いました。

それこそ、エピソード6のラストぐらい、亡くなった方々も登場して、ハッピーに終わっても良かったのかもしれません。

というか、そういうシーンが見たかったというワガママですが…。

声だけの登場でヨーダ達も見れなかったも残念。

結論として、多少の不満はあったものの、とても楽しめました^^

もう一回観たいです。

想い入れが深い人も無い人も、フォースの感じ方で賛否分かれる作品ですが、それだけ話題になるほどの作品だということなので、凄い作品だなと思います。

42年間の集大成、ありがとうございました。

観ることができて満足です^^

気になる方は、ぜひ劇場で「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け」をご覧ください。

スポンサーリンク



スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け【映画】の評価は?

1作目の公開から42年、9作続くスターウォーズシリーズの最後を飾る「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け。」

今回は、スターウォーズの歴史が長く、あまりの賛否分かれているため、映画評論家も書き込むアメリカの大手主要レビューサイトRotten TomatoesMetacriticの評価を見てみましょう^^

Rotten Tomatoes評価は、57% (2019/12/21現在)

※ 57%が肯定的という意味。

Metacritic評価は、54点 (2019/12/21現在)

※ 最大が100点。

まさにちょうど半々の評価に分かれていますね。

ちなみに、この点数は、スターウォーズシリーズで最も評価の低い「エピソード1/ファントムメナス」に続く、下から2番目に悪い評価となっています。

では、その他、これまでのスターウォーズシリーズの評価を見てみましょう。

Rotten Tomatoes評価(低い順)

エピソード1/ファントム・メナス」:53%

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」:56%

エピソード2/クローンの攻撃」:65%

ハン・ソロ」:70%

エピソード3/シスの復讐」:80%

エピソード6/ジェダイの帰還」:82%

ローグ・ワン」:83%

エピソード8/最後のジェダイ」:91%

エピソード4/新たなる希望」:93%

エピソード7/フォースの覚醒」:93%

エピソード5/帝国の逆襲」:94%

※パーセント(%)は肯定的な人の割合を表しています。

Metacritic評価

エピソード1/ファントム・メナス」:51点

エピソード2/クローンの攻撃」:54点

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」:54点

エピソード6/ジェダイの帰還」:58点

ハン・ソロ」:62点

ローグ・ワン」:65点

エピソード3/シスの復讐」:68点

エピソード7/フォースの覚醒」:81点

エピソード5/帝国の逆襲」:82点

エピソード8/最後のジェダイ」:85点

エピソード4/新たなる希望」:90点

この評価を見て、「エピソード1」面白かったのになぁと思った方も数多くいると思います。

この評価を見ると、作品に想い入れがある方は高評価、期待しすぎた人は低評価といった、かなり感情に左右されて評価が分かれているのかなという印象を受けました。

スターウォーズシリーズは、最初に映画を観た時期や年齢によってもかなり評価が変わると思っています。

今、エピソード4を初めて見ると、作り的にも評価は決して高くないと思いますし。

そのため、点数だけで判断せず、ご自身の目で映画を評価して頂けたらなと思います^^

42年間もの長い期間で作られたスターウォーズの集大成である「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け。」を、ぜひ劇場でご覧ください^^

スポンサーリンク

スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け【映画】の評判や評価は?まとめ

映画「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明け」の評価は、ストーリーに関して男性も女性も低評価が多い傾向でした。

年齢層で見ると、男性も女性も40代以降は高評価、10代から30代は低評価の傾向にありました。

Rotten Tomatoes評価は、57% (2019/12/21現在)

Metacritic評価は、54点 (2019/12/21現在)

低評価の意見としては、都合の良い無理やりな展開、目まぐるしい場面の切り替わり、フォースの使い方、レイの扱いやカイロ・レンの処遇など、期待が大きい分、多くの低評価の意見がありました。

私としては、スターウォーズの歴史の集大成でもあるので、これまでのスターウォーズ作品を観たことがある方は、低評価が多いからと懸念せず、ぜひ劇場で観て欲しいなと思います。

期待せずにいくと、なかなか楽しめると思いますよ^^

映画「スターウォーズ EP9/スカイウォーカーの夜明けは、2019年12月20日(金)から公開です。

スポンサーリンク