映画

3人の信長【映画】評判や評価は?原作や金ケ崎の戦いについても解説!

2019年09月20日(金)公開の映画「3人の信長」。

この映画は、「我こそが信長」と主張する3人の織田信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた時代劇エンターテインメントです。

映画「HiGH &LOW」シリーズの脚本を担当している渡辺啓さんが監督・脚本を務め、織田信長が越前(福井県)の朝倉義景を討ち取ろうとして敗走することになった永禄13年(1570年)の金ヶ崎の戦いの史実を元にしたオリジナル作品となっています。

今回は、映画「3人の信長」の評判や評価と共に、映画をより楽しめるように背景となっている金ヶ崎の戦いについて見ていきましょう^^

追記:2019年9月23日更新しました!

スポンサーリンク

3人の信長【映画】の評判は?

映画「3人の信長」の世間の評判を調べて抜粋してみました。

男性の口コミ
男性の口コミ
斬新で面白かった!重苦しくないし気軽に楽しめた。
女性の口コミ
女性の口コミ
期待の割に想像通りだった。笑えるところもあるけど、全体的に薄い。
男性の口コミ
男性の口コミ
期待通りのコメディで良かった。舞台がほぼ捕まった納屋の中だけで展開していく感じ。
女性の口コミ
女性の口コミ
ストーリーは予想通りに進み、笑いは思ったよりあっさりとしてた。
男性の口コミ
男性の口コミ
最初の問答からずっと面白かった。信長の予想はつくものの、最後までドキドキで楽しかった。
女性の口コミ
女性の口コミ
本物の信長がなんとなくわかってしまう感じが残念。市原隼人の演技が良かった。
男性の口コミ
男性の口コミ
予告に反して、そんなでも無かった。不必要なシーンも多くて、出演者のファンの人ぐらいしか楽しめないかも。オチも読めるし、消化不良。
女性の口コミ
女性の口コミ
疲れてる時でも楽しめて、何も考えなくても見れる映画だった。アニメ使ったりした色んな見せ方が面白かった。
男性の口コミ
男性の口コミ
コメディかと思ったら、思ったよりシリアス。どう見ていいのかわからなかった。織田信長が慕われてたんだなっていう内容の映画。
女性の口コミ
女性の口コミ
決して大作ではないけど、気軽に見れて良かった。出演者の時代に合ってない喋り方に違和感が。

といった意見がありました。

映画「3人の信長」の前評価は、男性も女性も高評価の傾向にあり、特に10代〜30代の評価が高かったですが、公開されると一転、低評価も目立ちました

出演者に対する評価も高く、EXILETAKAHIROさん、市原隼人さん、岡田義徳さんの演技が良かったという声もありましたが、逆に、TAKAHIROさんの時代に合ってない喋りに違和感があったという声もありました。

低評価というわけではないですが、「3人の信長というタイトルが漢字じゃないのがモヤモヤする」という声もありました。

また、主題歌に関して、変にEXILE押しじゃなくて良かったという声も多く、MAN WITH A MISSIONの曲も高評価でした。

ストーリーに関しては、前評判で、面白そう、楽しみという声がとにかく多く、高評価な傾向にありましたが、公開後は、思ったよりシリアスで楽しめなかったという声や、もっとコメディでも良かったという声も見られ、低評価が目立ちました

気になる方はぜひ映画「3人の信長」を見てみてくださいね。

ここからは、映画「3人の信長」について詳しく掘り下げていきます^^

スポンサーリンク



3人の信長【映画】の評価は?

3人の信長【映画】内容とキャストについて

映画「3人の信長」は、映画「HiGH &LOW」シリーズの脚本を担当している渡辺啓監督のオリジナル脚本です。

そして、主演となる影武者を含めた3人の織田信長を務めるのは、EXILETAKAHIROさん、市原隼人さん、岡田義徳さんです。

面白いことに、本物の織田信長以外の2人は影武者なので、仕草などのクセは3人とも同じように訓練されていますが、それぞれの織田信長は性格が異なります。

1人目:頭が切れるかぶき者織田信長(甲)を演じるのは、EXILETAKAHIROさん。

<TAKAHIRO コメント>

岡田義徳さん、市原隼人さんをはじめ、大先輩であり豪華すぎるキャストの皆様との素晴らしい出会いに感謝します。

心地よい緊張感のなか、良いチームワークで作り上げたこの作品が、皆さんに愛される映画になることを心から願っております!!

引用:cinefil

 

2人目:貫禄はあるけど天然織田信長(乙)を演じるのは、俳優の市原隼人さん。

<市原隼人 コメント>

『3人の信長』という枠の中で、信長の枠を壊そうと精いっぱい遊ばせて頂きました。

誰が信長なのか、という心理戦があり、ちょっとした言葉とか、目線とか表情が伏線となってつながっていくので、一瞬一瞬に注目してご覧ください。

引用:cinefil

 

3人目:うつけ者で考えが読めない織田信長(丙)を演じるのは、岡田義徳さん。

<岡田義徳 コメント>

歴史も題材にし、ちゃんとしたフィクションで、面白い話ができたというのは、僕にとっては挑戦的な一本となりました。

すごくフランクに見れる時代劇ですので、楽しみにして観に来て下さい。

引用:cinefil

個性豊かな3人がそれぞれクセのある織田信長を演じているので、本物は誰なのか、この人が織田信長だったらいいなぁと考えながら見ると、とても楽しめる作品です。

主演の3人以外も豪華な出演陣で、今川軍の残党の蒲原氏徳役には髙嶋政宏さん、今川義元の元家臣・瀬名信輝役には相島一之さん、蒲原氏徳の家来・半兵衛役には前田公輝さん、織田信長に恨みを抱く戦国大名の妻・朽木ハル役をE-girlsの坂東希さんが演じています。

日本の歴史を題材にした映画の中でもかなり気楽に楽しめる部類の作品だと思いますし、歴史上の人物や史実を知らなくても充分に盛り上がれるので、若者から大人まで評価はとても高いと思います^^

最近だと、2014年にドラマがあり2016年に映画化した「信長協奏曲」という織田信長を題材にした時代劇エンターテイメント作品がありました。

信長協奏曲」は、タイムスリップ物だったため、歴史の登場人物や史実を知っていればいるほど楽しめる作品でした。

しかし、映画「3人の信長」は、歴史を知っていなくても登場人物も知っていなくても楽しめる作品となっているため、見に行くまでの敷居がとても低いです。

織田信長は、史実では天正10年6月2日(1582年6月21日)の本能寺の変明智光秀の手に掛かり亡くなりますが、そんなことは知っていてもいなくても大丈夫なのです。

というのも、織田信長が生き残るという史実通りの流れでも、影武者が生き残って本物として生きるという終わり方もできますし、単純に本物が生き残るという終わり方もできます。

まさかの4人目の織田信長が登場して、実は織田信長は別の人物でしたという終わり方でもいけます。

なんなら、元今川軍が織田信長になりすまして国を治めるという終わり方もできるのです。

強引に、元々みんなの知る織田信長自体が影武者でしたという流れにすれば、敵味方含めて数人以外誰も本物を知らないわけですから、どうにでもなるわけです。

そういう意味でも、終わりが読めない映画であり、王道の感動エンターテイメントにもできるという面白い着想の映画だと思います^^

そのため、最大に楽しむためにも、できるだけネタバレ無しで見るのをオススメします。

スポンサーリンク



3人の信長【映画】主題歌について

映画「3人の信長」の主題歌は、MAN WITH A MISSIONの「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」です。

MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)は、日本の5人組のロックバンドで、頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されているという設定で活動されています。

マンウィズオオカミバンドといった略称で親しまれているそうですよ。

ちなみに、86 Missed Calls feat. Patrick Stump」は、FALL OUT BOYのヴォーカルのPatrick Stumpさんと共同制作したそうで、「Dead End in Tokyo」という曲に続く2作目の共同作品とのこと。

【MAN WITH A MISSION コメント】

我々ノ楽曲“86 Missed Calls feat. Patrick Stump”ヲ主題歌ニ選ンデ頂キ、
アリガトウゴザイマス!

『3人の信長』ハ、笑イアリ、大ドンデン返シアリデ、最後ニハ涙ガ出テシマウ
素晴ラシイ作品トナッテイマス。

映画トトモニ私タチノ楽曲モ楽シンデ頂ければ幸イデス。

映画館モシクハライブハウスデオ会イシマショウ!

引用:rockin’on.com

予告編のバックで流れている主題歌「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」は、オシャレな曲調とテンポが心地良い楽曲です。

ぜひ映画「3人の信長」の主題歌にも注目してみてくださいね^^

3人の信長【映画】史実の「金ケ崎の戦い」とは?

映画「3人の信長」は、渡辺啓監督のオリジナル脚本ですが、背景にある織田信長が敗走するという出来事は歴史上に起きた史実だと言われています。

金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい)とは何が起きた出来事なのか、知っておくとより映画を楽しめるかもしれませんよ^^

金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい)とは

永禄13年(1570年)に、織田信長徳川家康の連合軍が、越前(福井県)の朝倉義景を襲撃するという出来事がありました。

朝倉義景への攻撃も順調かと思われましたが、織田信長と同盟関係にあった妹の婿である小谷城(琵琶湖東岸)の浅井家の裏切りにあってしまい、連合軍の前方では朝倉軍と戦い、後方では浅井軍に襲われるという挟み撃ちの危機に陥ります。

そのため、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)と、織田信長の同盟軍である徳川家康が後衛の浅井軍と戦いました。

そして、織田信長のいる本隊が、自身の勢力地までどうにか帰還したのが金ヶ崎の戦いです。

ちなみに、近江の豪族である朽木元綱の協力によって、京へ逃げ延びたと言われています。

※ 金ヶ崎の戦いの内容は色々な説があるので、上に書いてあることが史実とは限りません。

映画「3人の信長」のストーリーは、復讐心の燃えた元今川軍の蒲原氏徳たちが、金ヶ崎の戦いで敗走する織田信長を捕らえるという流れです。

じゃあ、元今川軍は何の復讐に燃えているの?と思った方もいるかと思います。

それは、永禄3年5月19日(1560年6月12日)に起きた桶狭間の戦いで、織田信長が少数の軍勢で今川軍の本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させたという有名な戦いがありました。

織田信長のその奇襲が原因で、今川軍は没落していったわけです。

ちなみに、映画「3人の信長」に登場する元今川軍のリーダー:蒲原氏徳かんばら うじのり)とは、今川氏の家臣であり、戦国時代の武将です。

髙嶋政宏さんが演じています。

蒲原氏徳かんばら うじのり)は、史実だと桶狭間の戦いで亡くなったそうなので、それが映画とどう関係してくるのか楽しみですね^^

また、織田信長に恨みを抱く戦国大名の妻・朽木ハル役をE-girlsの坂東希さんが演じているわけですが、織田信長は近江の豪族である朽木元綱の協力によって京へ逃げ延びたという史実と、どう関係してくるのか注目です。

スポンサーリンク

3人の信長【映画】の評価や評判は?まとめ

映画「3人の信長」は、渡辺啓監督のオリジナル脚本で、「我こそが信長」と主張する3人の織田信長と、復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた時代劇エンターテインメントです。

10代〜30代を中心に、男性も女性も評判が高く、面白そうという声が多数ありました。

MAN WITH A MISSIONの主題歌「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」も高評価でした。

時代劇エンターテイメントですが、年齢を問わず気楽に楽しめる作品です。

本物の織田信長が誰なのか予想しながら楽しんでみてくださいね^^

映画「3人の信長」」は、2019年9月20日(金)公開です。

スポンサーリンク