MENU
アニメ映画

塔の上のラプンツェル【映画】ゴーテルの最後は?家族や過去に衝撃の真実が!

2010年に公開されたディズニーのアニメ映画「塔の上のラプンツェル」は、ディズニー 長編アニメ作品の記念すべき50作品目であり、初の3DCGアニメーション映画として話題になりました。

タイのコムローイ祭りがモデルと言われている、主人公ラプンツェルの誕生日に城から無数の灯り(ランタン)が空高く浮かぶ幻想的でロマンチックなシーンが好きな方も多いと思います。

そんな映画「塔の上のラプンツェル」ですが、悪役ゴーテルの最後はどうなったのか覚えていますか?

今回は、ゴーテルの最後や、家族について、ラプンツェルを育てるようになる前の過去について紹介していきます。

スポンサーリンク

塔の上のラプンツェル【映画】ゴーテルとは?

ゴーテルとは、映画「塔の上のラプンツェル」に登場するディズニー・ヴィランズと呼ばれる悪役の一人で、大きな黒い目に、パーマのかかった黒色の髪の毛を持っていて、深みのある赤色の服を着ているのが特徴

太古の昔に太陽から零れ落ちた雫から誕生した「どんな病気も治す金色の花の力」で若返りを繰り返しており、約400年もの間生き続けて来た魔女。

ディズニーに登場するヴィラン(悪役)の中で、優しい行動を取る場面の多いゴーテルは、主人公のラプンツェルを18歳まで育てていて、物や食べ物をちゃんと与えて慕われていることもあり、同情してしまうという声の多い悪役です。

それでは、映画「塔の上のラプンツェル」のストーリーを引き立てる名悪役ゴーテルのプロフィールを見ていきましょう^^

映画「塔の上のラプンツェル」ゴーテルの簡単なプロフィール

名前:ゴーテル

アニメ版 英語版声優:ドナ・マーフィ

日本語版声優:剣幸

大きな黒い目に、パーマのかかった黒色の髪の毛を持っていて、深みのある赤色の服を着ているのが特徴。

本来は400歳の老婆だが、どんな病気も治す金色の花の力を利用して、若さと美貌を維持している。

頭の回転が速く、ずる賢く執念深い性格。

魔女ではあるが、魔法は使えない。

コロナ王国の妊娠中の王妃が病気になったことにより金色の花が摘まれてしまったため、その花の力を髪に宿して産まれてきた赤ん坊のラプンツェルを誘拐し、その力を利用している。

また、ラプンツェルの育ての親であり、塔に閉じ込めている張本人。

ラプンツェルに対して愛情というものは全く持っておらず、ラプンツェルを「お花ちゃん」と呼ぶのも、金色の花の代用という意味で使っている。

ラプンツェルが逃げださないように、外の世界がどんなに恐ろしいか、どんなに大事に思っているか、そしてラプンツェルがどんなに無力かを常に話している。

ゴーテルは、ヴィラン(敵役)でありながら、ラプンツェルを抱きしめたときには笑顔になったり、プレゼントの絵の具を手に入れるために3日間もかかる場所へ行こうとしたりと、優しい場面が多く描かれているため、同情の声が多い珍しいヴィラン(敵役)です。

ゴーテルは、魔法を使うわけではなく、ラプンツェルを塔に閉じ込めて、ラプンツェルの髪の毛に宿る「どんな病気も治す金色の花の力」を使って、若さと美貌を保っている人間なため、ディズニー・ヴィラン(敵役)としての人気はあまり高くないです。

そのため、ゴーテルのグッズを見かけることは少ないように思います。

ですが、ゴーテルは、同情の声が上がるほど、良い意味でも悪い意味でも人間としての魅力がある名キャラクターです。

ぜひ、ゴーテルの若さと美貌への執着ぶりに注目してみてくださいね^^

リトルマーメイド【映画】アースラの最後は?アリエルとの関係に驚愕!1989年に公開されたディズニーのアニメ映画「リトル・マーメイド」は、主題歌の「アンダー・ザ・シー」が第62回アカデミー歌曲賞を受賞して...

塔の上のラプンツェル【映画】ゴーテルの最後

それでは、ゴーテルがどういう最後を遂げたのか紹介していきますね。

ゴーテルの最後(アニメ版)

塔の中に18年間閉じ込められていたラプンツェルは、ゴーテルから塔の外へ出ることを禁じられていました。

外の世界に憧れを持つラプンツェルは、塔の中に大泥棒のフリン・ライダーが逃げ込んできたことで、誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の光を見に行く手伝いをするように頼みます。

こうして、ゴーテルの言いつけに背いたラプンツェルは、外の世界に飛び出すことに。

事態に気付いたゴーテルは、フリン・ライダーに裏切られたスタビントン兄弟に協力させて、ラプンツェルを連れ戻すように仕向けます。

ゴーテルは、ラプンツェルを連れ戻し、フリン・ライダーをコロナ王国の衛兵に逮捕させることに成功しますが、脱出したフリン・ライダーが再び現れたことに怒り、ナイフで刺してしまいました。

しかし、最後の力を振り絞ったフリンは、ラプンツェルを解き放つために髪の毛を切り落としてしまいます。

ラプンツェルの髪の毛に宿る金色の花の力が失われ、それまで止まっていた年月が一気に襲い掛かったことで、ゴーテルは老化していきパニックに陥ります。

そして、ラプンツェルのペットのカメレオン・パスカルが引っ張ったラプンツェルの髪の毛につまずき、塔の下に転落してしまいます。

ゴーテルは、落ちる途中で身体が老化に耐えられなくなり、肉体が灰になって滅び去ってしまいました。

ということで、アニメ版のゴーテルの最後は、

塔の上から落下し、その途中で灰になって滅び去ってしまう

でした。

ラプンツェルを誘拐し、塔の中に18年間閉じ込めて、永遠の若さと美貌を保とうとしていたゴーテルは、こうして無残な最後を迎えました。

ゴーテルラプンツェルに優しくする場面が多いため、一見すると実は良い人なのではないかと思わせます。

しかし、誘拐して、自分の欲望のために18年間も塔に閉じ込めることは、決して許されることではありません。

ゴーテルは、人間の欲を体現していて、現実にも存在しそうな恐ろしいヴィラン(敵役)なので、ぜひラプンツェルを縛る言葉や行動の心理に注目してみてくださいね^^

現在はだいぶ流れが変わってきましたが、昔のディズニー映画は、善を勧め悪を懲らしめる「勧善懲悪」の内容が多かったため、ヴィランズ(悪役)が完全に亡くなってしまう流れが主流でした。

白雪姫」「眠れる森の美女」「ライオンキング」「美女と野獣」「ターザン」など、有名なディズニーアニメ映画のヴィランズ(悪役)の最後は、目を覆うような悲惨な結末を迎えています。

2004年公開の人気の映画「Mr.インクレディブル」も、アメリカではPG指定(親の了承が必要)の作品に指定されるほど、悪役が悲惨な亡くなり方をしてしまいます。

現在ではそういった描写はかなり少なくなり、例えば、アニメ映画「眠れる森の美女」は実写版「マレフィセント」としてリメイクされ、共感できる素敵なヴィランズ(悪役)に変貌していました。

映画「塔の上のラプンツェル」のゴーテルを最後に、ディズニーのアニメ映画では悲惨な亡くなり方は無くなったので、安心して子供だけでも鑑賞することができますよ^^

こうして映画「塔の上のラプンツェル」の悪役ゴーテルは無残な亡くなり方をしてしまいますが、実は、家族の存在と、ゴーテルがどのようにしてラプンツェルを18年も育てて信頼を得ていたのかがわかる作品が存在します。

スポンサーリンク



塔の上のラプンツェル【映画】ゴーテルの家族と過去

塔の上のラプンツェル【映画】ゴーテルの家族

実は、2018年にDisneyから公式で発売された「みんなが知らない塔の上のラプンツェル-ゴーテルママはいちばんの味方-」というゴーテル視点で映画「塔の上のラプンツェル」が描かれる小説が存在します。

その中で、ゴーテルの幼少の頃が描かれており、家族が登場しているのです。

ゴーテルの家族

死者の女王と呼ばれる魔女であり母親:マネア

三つ子の長女:ヘーゼル

三つ子の次女:プリムローズ

三つ子の三女:ゴーテル

ゴーテルには、森を取り巻く魔法のバラで囲まれた、生きている者と魔女しか入れない森に住んでいる死者の女王と呼ばれるマネアという母親がいました。

マネアは、ラプンツェルの花(金色の花)により永遠の若さを保っています。

魔女の世界では、そっくりの三つ子は神々に愛され、魔力も数倍になると信じられていたそうですが、ゴーテル達の姿や性格が全く違うため「とんでもないできそこないたち」と呼ばれていたそうです。

母親のマネアは、ゴーテル達を放りっ放しで、一日の大半を地下室で魔術に没頭していたらしく、ゴーテルの性格が歪んでいく原因がここでわかってきます。

長女のヘーゼルは、青の目と銀髪の内気で優しい女の子で、次女のプリムローズは、緑の目と鮮やかな赤毛の元気な子。

そしてゴーテルは、大きな黒い目と豊かな黒髪の理知的な子で、姉たちが大好きな優しい女の子でしたが、母の跡を継いで死者の女王になりたいと思っていました。

ゴーテルは、魔法を教えてくれない母親に不満を持っていて、永遠に死なない人生をどう過ごせばいいのか悩んでいる姿や、森の外の世界を見たい、自分の人生を生きたいと思う描写も描かれています。

まさに、ラプンツェルにしてしまったことをゴーテル自身が経験しており、なるべく自由に生活させていたのも、こういった経験からなのかなと思いました。

ある日、母親のマネアは、跡を継ぎたいゴーテルと、それを嫌がるヘーゼルプリムローズに、血を飲ませて魔法の力を授けようとします。

しかし、マネアが嫌がるプリムローズを亡き者にしようとしたため、助けようとしたゴーテルがランプの火をラプンツェルの花(金色の花)に投げ込んだことで、マネアの美しい顔が老けて、更に炎に包まれて消えてしまいます。

その後、母親を手にかけたゴーテルは、罪悪感と後悔で悩みながら三人姉妹で仲良く暮らそうとしますが、母親の呪いの魔法の竜巻によってヘーゼルプリムローズが弱っていき、二人の姉も失ってしまいます。

そして、ゴーテルは、ラプンツェルの花(金色の花)を利用して、ヘーゼルプリムローズを復活させようと奮闘していきます。

ゴーテル魔女なのに魔法を使えない理由は、血を分けてもらう前に、母親を手にかけてしまったからでした。

なんとも言えないゴーテルの悲しい家族の話でした。

何か手順が違ったら、ゴーテルはこんな悲しい結末を迎えなかったかもしれませんね。

塔の上のラプンツェル【映画】ゴーテルがラプンツェルから信頼を得ている理由

映画「眠りの森の美女」に登場したマレフィセントに、ラプンツェルの花(金色の花)をあけようと、マレフィセントの親友マーサルビールシンダという3人の魔女が、ゴーテルに協力しようとやってきます。

そんな中、コロナ王国の王妃が重病にかかったため、花を奪いに兵士が攻めてくるという情報を得たゴーテルは、住んでいた死者の王国を捨て、ラプンツェルの花(金色の花)を持って美しい豪邸に移り住みます。

しかし、ゴーテルを騙していた3人の魔女は、ラプンツェルの花(金色の花)の大半を奪ってしまいました。

そして、映画「塔の上のラプンツェル」の冒頭の話につながり、再びコロナ王国の王妃の病気がぶり返したため、ラプンツェルの花(金色の花)を取りに兵隊がやってきます。

こうして、全てのラプンツェルの花(金色の花)を失ったゴーテルは、若さを保つため、二人の姉妹を生き返らせるために、魔法の力の宿った王妃の子供ラプンツェルを誘拐することを計画。

見事にラプンツェルを誘拐したゴーテルですが、恨みや憎しみは増えていきます。

コロナ王国の兵隊が自分の国をめちゃくちゃにし、自分の大事な花を奪い、そして生まれたのがこの赤ん坊だから、この赤ん坊は自分の大事な花だ。

母のアマネが生きていたらコロナ王国を破壊していたから、誘拐するだけで逆にありがたいと思って欲しい、目には目を…。

という、心の歪んだ考えになっていくのです。

また、ラプンツェルを見るたびに、王国の王妃を呪う描写もあります。

ゴーテルは、ラプンツェルを育てるのが難しいと感じたため、3人の魔女に協力をしてもらうことにしました。

魔術でラプンツェルの記憶を消して、ずっと前から自分と塔に住んでいると思わせ、自分を愛してくれているのは母親のゴーテルだけ、という考えにさせる魔法をかけます。

ラプンツェルゴーテルを慕う理由もこれでよくわかりますね。

また、ラプンツェルが18歳になり魔法の力が大きくなるまでの間、3人の魔女により、夢の世界で優しい母親のゴーテルと、カメレオンのパスカルで楽しく暮らすと夢を見続けさせる魔法にかけられます。

再現性を出すため、夢の中で書いた落書きは、現実の塔にも反映させる徹底ぶり。

そしてラプンツェルが18歳になる頃、ラプンツェルの髪の毛の力で二人の姉を蘇らせようとするゴーテルでしたが、なんと、マレフィセントが亡くなってしまったことにより、3人の魔女は夢の中に閉じ込められてしまいます。

それにより、ラプンツェルは目覚め、ゴーテルは自身の力でラプンツェルを育てることを余儀なくされてしまいます。

ここから、映画「塔の上のラプンツェル」の「髪の毛おろ〜して〜」というゴーテルのセリフへと繋がっていきます。

ということで、ゴーテルがラプンツェルから信頼を得ている理由は、

マレフィセントの親友マーサルビールシンダという3人の魔女により、

魔法の力でゴーテルを信頼させていたから

でした。

この話を知ると、ゴーテルの大事な花を奪われた経緯や過去は可愛そうだと思うものの、ゴーテルの印象が変わると思いませんか?

ゴーテルは、姉の二人が大好きで優しい一面もあり、親へのコンプレックスからラプンツェルにも優しく接することができたのかもしれませんね。

そう考えると、ゴーテルはとても悲しい最後を遂げるヴィラン(敵役)です。

ですが、大半は魔法の力による洗脳であり、決して許されるものではないと思います。

小説「みんなが知らない塔の上のラプンツェル-ゴーテルママはいちばんの味方-」は、ゴーテル視点で映画「塔の上のラプンツェル」が楽しめるので、ぜひ小説も読んでみてください。

ゴーテルの映画とは少し違った一面を楽しめますよ^^

music.jpの無料お試しを利用すると、無料で読むことができるのでオススメです。

music.jpに登録する方法!画像付きの詳細な手順「music.jp」は、18万本以上の動画からレンタルでき、スポーツや音楽・子供向け番組の専門チャンネルが見放題、音楽や書籍を購入できる...
スポンサーリンク

まとめ

映画「塔の上のラプンツェル」に登場するゴーテルは、ラプンツェルを塔に閉じ込め若さと美貌に執着したヴィラン(悪役)として描かれています。

ですが、ゴーテルの過去を知ると、母親へのコンプレックスから来ている優しさや、姉達のための行動ということもわかるため、同情の余地がある哀しき悪役です。

ゴーテルは、映画の最後に悲惨な最後を遂げてしまいますが、人間の欲や憎しみを体現した魅力的で悲しいキャラクターでもあり、セリフ回しが独特で頭に残るキャラクターでもあるので、ぜひ注目してみてくださいね^^

ライオンキング【映画】スカーの最後は?過去と本名には同情の余地も?1994年に公開されたディズニーのアニメ映画「ライオン・キング」は、9億9千万ドルという「アナと雪の女王」「トイストーリー3」に次ぐアニ...
スポンサーリンク