MENU
アニメ映画

アラジン【映画】ジャファーの最後は?衝撃のラストには続きがあった!

1992年に公開されたアニメ映画「アラジン」は、人気キャラクター「ランプの精・ジーニー」や楽曲「ホール・ニュー・ワールド」など、今なお語り継がれているディズニーを代表する不朽の名作です。

2019年には実写映画化もされ、人気俳優ウィル・スミスジーニー役を演じたことで話題になりました。

そんな映画「アラジン」ですが、悪役ジャファーは最後どうなったのか覚えていますか?

今回は、ジャファーの最後や、その後について、アニメ版と実写版の両方紹介します。

スポンサーリンク

アラジン【映画】ジャファーとは?

 ジャファーとは、映画「アラジン」に登場するディズニー・ヴィランズと呼ばれる悪役の一人で、赤と黒の奇抜な衣装長い髭、そしてコブラの形をした杖を持っているのが特徴です。

ディズニーに登場するヴィラン(悪役)の中でもかなり人気で、策略と催眠術を使って国を乗っ取ろうとする名悪役です。

映画「アラジン」を語るには欠かすことができない名キャラクター、ジャファーのプロフィールを見ていきましょう^^

映画「アラジン」アニメ版ジャファーの簡単なプロフィール

名前:ジャファー

アニメ版 英語版声優:ジョナサン・フリーマン

日本語版声優:宝田明・大木民夫(老人の変装時)

砂漠の中にあるアグラバー王国の国務大臣。

王様サルタンに忠実なようで、実は国王の座を狙っている邪悪な魔法使い。

相棒として、口の悪いお喋りなオウムのイアーゴを肩に乗せている。

細身長身赤と黒の奇抜な衣装長い髭、そしてコブラの形をした杖を持っている。

性格は、狡猾で意地悪、自分本位で高圧的。

本性を出した時の高笑いが特徴です。

映画「アラジン」実写版ジャファーの簡単なプロフィール

名前:ジャファー

実写版 俳優:マーワン・ケンザリ

吹き替え声優:北村一輝

砂漠の中にあるアグラバー王国の国務大臣。

金と権力を手に入れるためには手段を選ばない男。

相棒として、ちょっと片言なオウムのイアーゴが近くにいる。

豪華な赤と黒の奇抜な衣装ちょっとスッキリした髭、そしてコブラの形をした杖を持っている。

性格は、狡猾で意地悪、自分本位で高圧的。

そして、盗みが得意。

アニメ版・実写版どちらのジャファーも、大きな違いはなく、容赦無くアラジンをおとしいれて王国を乗っ取ろうとします。

清々しいほどの悪役で、催眠術で国王サルタンを操ったり、アラジンを始末しようとしたり、国を乗っ取るために王女のジャスミンと結婚しようとします。

ジャファーが人気の秘密は、自分の目的のために悪役に徹していてブレないところにあるのかなと思います。

実写版のジャファーには、アラジンと同じ盗人だった時代があることが判明するものの、基本的には悲しい過去などがあるわけではないので、とても物語がわかりやすく、子供から大人まで誰でもわかる悪人です。

ジャファーが悪人に徹してくれているため、アラジンとジャスミンの恋物語や素敵な楽曲に集中することができるので、映画「アラジン」に必要不可欠な存在です。

アニメ版のジャファーは表情がとても豊富なので、悪巧みを企んでる顔、悔しがる顔、怒っている顔など、ぜひ表情に注目してみてください。

なかなかクセになる表情と動きをしていますよ^^

また、実写版のジャファーは、かなりイケメンになっていて、衣装がアニメ版よりも豪華なので、その辺りに注目してみてくださいね^^

ただ、実写版では、ジャファーが魔法でヘビに変身しない点がとても残念です。

アラジン【映画】ジーニーのその後は?アニメと実写で全く違う?1992年に公開されたアニメ映画「アラジン」は、人気キャラクター「ランプの精・ジーニー」や第65回アカデミー歌曲賞を受賞した「ホール・ニ...

アラジン【映画】ジャファーの最後

映画「アラジン」のアニメ版も実写版もジャファーの最後は同じです。

細かい違いは多々ありますが、一番印象的に残っている違いは、ジャファーとの最後の闘いで、アニメ版ではジャファーは大きなコブラに変身しますが、実写版では変身しないことです。

これは、ファンの方も残念だったのではないでしょうか。

ジャファーの最後(実写版)

ジャファーは、アラジンから魔法のランプを奪い、ジーニーに願い事を叶えてもらいます。

1つ目の願いは、アグラバーの国王になること

ジャファーが国王になった後、兵士によってジャスミン達が牢屋に投獄されそうになりますが、ジャスミンが歌を唄うことで兵士が覚醒して難を逃れます。

地位だけでは支配できないと考えたジャファーは、ジーニーに2つ目の願いを叶えてもらうことに。

2つ目の願いは、世界一の魔法使いになること

世界一の魔法使いになったジャファーは、アラジンを極寒の地へ飛ばしてしまいますが、魔法のじゅうたんに助けられたアラジンは、再びアグラバーへ戻ってきます。

ジャスミンと結婚しようとしていたジャファーアラジンがくい止め、ランプの取り合いに。

魔法でイアーゴが大きな鳥のモンスターになって襲ってきたりします。

そして、アラジンジャファーを煽り「お前は世界最強じゃない。ジーニーの方が上だ!」と言ったことで、ジャファーは最後の願いを叶えます。

3つ目の願いは、世界最強の存在になること

こうしてジャファーは世界最強の力を手に入れることに成功します。

しかし、世界最強の存在であるランプの精になってしまったジャファーは、制約によりランプに閉じ込められてしまい、ジーニーによって砂漠の魔法の洞窟へ飛ばされてしまいました。

ということで、実写版のジャファーの最後は、

ランプに閉じ込められて、砂漠の魔法の洞窟に封印される

でした。

ちなみに、実写版でもアニメ版でも、相棒のイアーゴジャファーと一緒に魔法のランプに閉じ込められてしまいます。

ぜひ映画「アラジン」のアニメ版・実写版を見直す際には、ジャファーの表情や衣装、イアーゴの喋り方の違いに注目してみてくださいね^^

こうしてアラジンの物語はハッピーエンドを迎えるのですが、実はジャファーには、その後の物語が存在しています

スポンサーリンク



アラジン【映画】ジャファーのその後

映画「アラジン」では、ジャファーはランプの精になって、魔法の洞窟に飛ばされてしまいますが、アニメ版の映画「アラジン」には続きが存在しているのです。

それは、1995年に発売されたビデオ作品「アラジン ジャファーの逆襲」というアラジンの続編です。

アラジン ジャファーの逆襲」では、魔法のランプから抜け出したイアーゴが、ジャファーの態度に嫌気が差してしまい、魔法のランプごと砂漠の井戸に捨ててしまいます。

イアーゴは、アビス・マル率いる盗賊団に襲われていたアラジンを偶然救ったことで、アグラバーの宮殿に戻り一緒に暮らせることに。

砂漠の井戸の中からランプを見つけたアビス・マルによって復活したジャファーは、アラジンに復讐しようとアグラバーへ。

そして、アビス・マルと共に復讐しようと企んだジャファーは、イアーゴを脅して再び味方につけ、あの手この手でアラジン達を始末しようとします。

最後にジャファーは、アラジンの乗る岩を破壊して溶岩に落とそうとするのですが、ピンチに駆けつけたイアーゴによって、

ランプごと溶岩に落ちて消滅する

という、なんとも言えない悲惨な亡くなり方をしてしまいます。

現在はだいぶ流れが変わってきましたが、昔のディズニー映画は、善を勧め悪を懲らしめる「勧善懲悪」の内容が多かったため、ヴィランズ(悪役)が完全に亡くなってしまう流れが主流でした。

白雪姫」「眠れる森の美女」「リトルマーメイド」「ライオン・キング」「ターザン」など、有名なディズニーアニメ映画のヴィランズ(悪役)の最後は、目を覆うようななかなか悲惨な結末を迎えています。

2004年公開の人気の映画「Mr.インクレディブル」も、アメリカではPG指定(親の了承が必要)の作品に指定されるほど、悪役が悲惨な亡くなり方をしてしまいます。

現在ではそういった描写はかなり少なくなり、例えば、アニメ映画「眠れる森の美女」は実写版「マレフィセント」としてリメイクされ、共感できる素敵なヴィランズ(悪役)に変貌していました。

2010年の映画「塔の上のラプンツェル」を最後に、ディズニーのアニメ映画では悲惨な亡くなり方は無くなったので、安心して子供だけでも鑑賞することができますよ^^

ちなみに、映画「アラジン」の続編「アラジン ジャファーの復讐」では、アラジンというよりイアーゴが主人公だと思っています。

ジャファーという恐い存在におびえて、アラジンの味方についたり裏切ったりする姿は、インコというよりもはや人間に近いものがあり、「いいヤツになるのも悪くない」という思いと共に、恐怖の対象のジャファーに立ち向かって倒す様は、まさに主人公そのもの。

ジャファーの悲惨な結末もありますが、そこから学べることがたくさんあると思いますよ。

ぜひ、イアーゴの人間味溢れる心境の変化に注目して見てみてくださいね^^

スポンサーリンク

まとめ

映画「アラジン」に登場するジャファーは、狡猾で自分本位な手段を選ばないヴィラン(敵役)として描かれています。

ですが、徹底して悪党なので、アラジンジャスミンの恋物語を終始引き立ててくれる「アラジン」を語る上ではなくてはならない存在です。

ジャファーは、劇場版では魔法のランプに閉じ込められ、OVAでは悲惨な最後を遂げますが、表情豊かなところなど、どこか愛着が湧くキャラクターなので、相棒のイアーゴと共に注目して見てくださいね^^

イアーゴが大きなモンスターになる場面にも注目です。

美女と野獣【映画】ガストンの最後とその後は?ライオンキングがヒント?1991年に公開されたアニメ映画「美女と野獣」は、公開から約30年近く経った今でも根強い人気を博し、ディズニーを代表する素敵な作品です。...
スポンサーリンク